July

13

2018

夏の雲 / ミステリー小説

毎日本当に暑いですね。各地で最高気温35°を超えたりと、いったいこの暑さはどうなっているのでしょうか。

明日から3連休ですが、これだけ暑いと中々外へ出かける勇気がありません。びわ湖はすっかり夏の雲。涼しく思えますね。院長の写真から2枚アップさせて頂きます。

前方に多景島が見えます(竹島とも言ったりします)

                湖西の山々です。

ついでに、以前にもアップしたと思いますが、大津市伊香立の里山に暮 らすアメリカ人画家 ブライアン・ウィリアムズさんの絵がとても好きです。日本の風景、そしてびわ湖の絵を沢山描かれており、びわ湖に浮かぶ竹生島や比良山系が美しく我が家のリビングにもブライアン さんの絵を2点飾っています。

ブライアン・ウイリアムズ http://brianwilliamsart.com/

ブライアンさんの絵は夕方の日が沈む時刻のびわ湖の絵が多いように思います。美しい比良山系。

スピリチュアルなパワーを放つ竹生島。このひょうたんのような形がなんとも好きです。

何冊もの絵画本を出版されていますが、京都高島屋で開催されたブライアンさんの個展で得た本で、とても美しく素敵です。

 

★お話が変わり、私は最近時間が有るとよく本を読みます。が、読まないであろうジャンルの1つにミステリー小説。それが、今回初めてミステリー小説にはまりました。そのきっかけは、娘が愛読している東野圭吾のミステリー小説がたまたまリビングに置いてあり、圭吾の作品の映画「祈りの幕が降りる時」を観た事で、興味を持ちました。

作品の特徴は登場人物が次々出てくる、ストーリーが幾つも飛び、主役が何人も、そして人間関係が複雑で、読み始めは???でしたが、徐々に引き込まれて行きました。ミステリー小説、ドキドキします。

★祈りの幕が降りる時   http://inorinomaku-movie.jp/about/

映画の中で彦根、長浜・・・が出てくるので興味を持ちましたが、「砂の器」のような何とも悲しい涙で胸がいっぱいになる映画でした。

コメントをどうぞ

July

11

2018

梅雨明け

ご無沙汰しております。しばらくの間プライベートが超忙しく、日記をアップ出来ませんでしたm(_ _)m 元気にしておりますが、とにかく時間がなく、やっと少し時間が出来てきましたのでパソコンに向かっています。

急な暑さでまいってますが、いったいどうなっているのか日本の気象状況。

先日の西日本暴雨、まさか平成最悪の被害になるなんて夢にも思いませんでした。私は先日7/5の日に用事で草津にいったものの、帰りのJRは全てストップ!泣く泣く草津駅でタクシーを並び、彦根まで帰って来ました。家を出るときは普通の雨降りでしたが、まさか、こんな事になるとは思いもしませんでした・・・。

それで大雨の中、名神高速道路を突っ走るタクシー、スリップ事故でも起こさないかと・・・そして割増料金が跳ね上がりヒヤヒヤしながらやっとのおもいで帰宅。そして、それから各地での暴雨~大きな被害に広がって行った事は誰もが全く予想出来ないことでした。

梅雨が明け、暴雨の後は連日の暑さで熱中症が心配されます。くれぐれもこまめな水分補給でこれからの夏本番を乗り切りたいです。どうぞ、皆さまご自愛なさって下さいませ。

文面とは全く関係のない写真ですが、先日少し出かけた時に、買ってきたフルーツケーキ。あっという間に頂いてしまいましたが、彩りがあまりにも綺麗なので写真にとしました。

コメントをどうぞ

June

08

2018

皇太子ご夫妻23年ぶりに滋賀へ

先月5月25日の事です。皇太子ご夫妻23年ぶりに滋賀へお越しになり市民から熱烈な歓迎を受けられました。私はこの日は残年ながら彦根に居る事が出来ず、院長のショットです。

皇太子様は威厳あるオーラを放たれ、雅子様はとってもお綺麗で可愛い方のようです。

彦根城博物館をご覧になられて。

白バイの先導で・・・。

彦根城お堀の側を走られました。又、彦根にお越し頂きたいです。

http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20180526/CK2018052602000007.html

コメントをどうぞ

May

19

2018

都ホテルニューアルカイック・ゲストライブにて

カテゴリー: Diary, ライブ

先日の5/14日都ホテルニューアルカイック尼崎にて「あきんど倶楽部」の盛大な総会懇親会が開催され、副市長さんを始めご来賓方々など、沢山の会員の皆さまがいらっしゃる華やかな懇親会にて、きたむらいづみ&フレンズがゲストでお招きました。大学OB繋がりで、ブルーグラスを愛する「走る文房具屋さん」としてご活躍の、委員長・官波伸次さんからお声かけ頂き、「Keep On the Sunny Side」をリクエスト頂いたのはとても嬉しかったです。

「ブルーグラス音楽が一般の皆さんに広がって欲しい」とお招き頂いたのは、私の音楽活動のコンセプトと同じなのでとても嬉しい思いがしました。(そして、私のコアな思いは、難しくなく楽しく・・・ね)

会のラストでは、「あの素晴らしい愛をもう一度」と「Country road」を皆さんと共に合唱し、更に会場におられたブルーグラッサーの森さんにはベースで1曲ご一緒して頂くサプライズもあって、とても楽しいライブをさせて頂きました。官波さんを始め、皆さまには感謝の気落ちでいっぱいです。ありがとうございました。

華やかな総会懇親会にて好きな歌を歌わせて頂き、感謝致します。

屏風の前でブルーグラス歌い演奏するのは又、とても気持ちが晴れやかになって嬉しいものです(*^-^*)

お招き頂きました官浪さんとご一緒に。ハイ、チーズ!

楽しいライブをさせて頂きました。

副市長さんを始め来賓の方々、沢山の会員の皆さまがお聴き下さいました。

今回はトリオユニットでブルーグラスをさせて頂きました。ご馳走にもなって楽しい一時に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました(*^-^*)

コメントをどうぞ

May

11

2018

初夏のバラ

この初夏初めてのバラが、玄関先につつましく咲いています。バラには曲作りのインスピレーションを今までに幾つももらってきました。何本か枯れましたが、その時はいつも私の人生の節目でもあって、まるで役目を果たしたかのように、沢山の花を咲かせた後に枯れたのは不思議…。バラの花は今年も元気に咲きとても嬉しいです。

お花は何でも大好きです。以前玄関先に咲いていた黄色いバラが枯れてしまい、それがとても寂しく、何とかならないかと長い間思い続けました。そんな事があって、黄色いバラには寂しい思いが残ってしまいました。

愛でるバラや花が枯れるととても悲しく、今はピンクのバラに元気をもらって感謝の気持ちでいっぱいです。

 

コメントをどうぞ

May

05

2018

5月5日子供の日

早くも5月に入りました。桜が散ったあとは、綺麗な花々や芽吹く新緑が美しく、気持ちが清々しくなります。3月中旬に娘と孫がアメリカから一時帰国で、家の中は毎日超慌ただしいです。そしてこの連休、遠出したのは家族と共に大津へ一泊で行き、ゆっくり食事出来た事が唯一。他は、花を植えたり草抜きをしたり、そして近くの荒神山神社へお参りに行ったり、長浜で食事したり・・・そんな感じの連休でした。

荒神山神社はかまどの神様で、本当なら毎年1月にお参りに行くのですが、今年はやむなく今頃になってしまいました。高台からびわ湖を眺めるととても雄大な景色が広がります。でもこの日はびわ湖に浮かぶ竹生島はぼんやりしてて少し残念でしたが、それでも気持ちがスキッとしました。  荒神山神社 http://kojinyama.org/

↓2年前の5月5日の写真がfacebookに登場していたので、シェアーしました。ゲゲゲの鬼太郎トリックアート展にて。

今日は子供の日。家の中はおもちゃランドの目が回る毎日です。娘と私はゲゲゲの鬼太郎ファンです。また鬼太郎さんに会いたいなぁ。鬼太郎さんと一緒の写真が嬉しいので、2年前5月5日の写真を再度アップさせて頂きます。

コメントをどうぞ

March

30

2018

オートハープ・サンデー@京都

カテゴリー: Diary, ライブ

先日の3/25、京都の二条城近く、今原町屋で開催されたオートハープ・サンデーに参加させて頂きました。毎年、お誘い頂いていましたが、今までの2回はやむなく行けず、今年初めて参加出来た事を嬉しく楽しいオートハープの1日を過ごす事が出来ました。

この日はオートハープを愛する京都、大阪、滋賀、尾道&広島、神奈川のお仲間と共に楽しい1日を過ごせました。皆さんのステージでは私の好きな曲が(たまたまでしょうか)、オートハープの音に乗って次々と演奏&歌われ、心地良く聴かせて頂きました。又私のステージ、君に会いに行こうでは、沢山の方とのジョイントで楽しく盛り上がり、続いてラストのクリさんへのライブ配信は、更に盛り上がりました。

思い起こせばオートハープへの憧れは、バンジョーを弾き始めた中学1生の頃に、たまたま父に買ってもらった「Mike Seeger」のLPの影響がとても大きいです。古い納屋の前に、オートハープを抱いたMike Seeger、その両側にバンジョー、フィドルのジャケット。それがOld timeとも知らず、ただ素朴な音楽に無性に惹かれたカトリックの学校に通う女子中学生でした。

当時はBluegrass, Country, Old timeをまとめてWesternとかMountain Musicとか言ったもので、Country &Westernと記されたLPコーナーにはハンク ウイリアムス、ジミー ロジャース、カーター ファミリー、フラット&スクラッグス、マイク シーガー、ニューロスト シティー ランブラーズ等がまとめて陳列されてありました。後にBluegrass, Country,とジャンルが分類されるようになりましたが、分かりやすいものの何だかとても寂しい思いがしたのを今でも懐かしく思います。私にとっては昔も今も音楽ジャンルの分類がないのですから・・・。

オートハープ・サンデーでは、沢山の素敵なオートハープの音に触れた喜びと共に、遠ーい、遠ーい昔の私に一瞬戻ることが出来た事も又、大きな喜びとなりました。
これからもオートハープが私に少しでも 寄り添う形で末長く続けて行けたらと思っています。

コメントをどうぞ

March

20

2018

Silver wings

 先週成田空港にて。Silver wings に乗って、何処か遠くへ行くなら良いですが、アメリカから一時帰国の娘と孫のお迎えに。夕方のエアーポートはロマンチックで心が遠くへ馳せました。

Silver wingsと言えばリンダ ロンシュタットやマール ハガードバージョンで、ブルーグラスバンド、カントリーバンドでよく歌ってきた素敵な曲です。エアポートでSilver wingsをみているとロマンチックな素敵な曲が次々頭をよぎりました。

Silver wings~♪

コメントをどうぞ

March

14

2018

盛会で楽しいVol.32院内ライブとなりました

カテゴリー: Diary, ライブ

 先日3月11日の日曜、お天気に恵まれた中で、32回目の院内ライブを開催致しました。お客様達もこの日を待ってて下さって、沢山お越し下さった皆様と共に、午後の一時を楽しみました。

今回は、基本メンバー有馬健雄さん、片山智之さん、清水敬夫さん+スマイル&ハーモニックスさんからの派遣メンバー・ピアノの高川建一さんと滋賀を中心に活動されているギター・きたがわよしみさんそして、いづみの6人で楽しいライブとなりました。ベースを担当していた津田敏之さんの代わりにピアノで低音部を随分カバーして頂き、いつものようにブルーグラス、カントリー、フォーク、ジャズ、ポップス、私のオリジナル曲・・・沢山の歌&演奏です。NGDDでお馴染みのNashville Bluesではそれぞれの美しい楽器プレイ、片山さんのソフトなハーモニー、高田わたるを歌われたきたがわさんに、わたるファンは大喜び!私は人生の扉を歌いましたが、重みのある素晴らしい歌詞にメンバー共々感極まる思いがありました・・・。

彦根に好みの音楽が出来るライブハウスがない事で、約10年思い悩んだ末に清水の舞台から飛び降りる気持ちでスタートした院内ライブ。この春で丸6年になりますが、この日は3.11という事もあって、感慨深い思いと共に、お飾りの桜のように春の訪れをワクワク思い、お越し下さった皆さんと共に、楽しく大切な時間を過ごしました。そして感謝の気持ちでいっぱいです。お越し頂きました皆さま&心を寄せて頂いている皆さま、どうもありがとうございました。

ps・・次回の開催は私のプライベートな都合で8月までぽーんと飛びますが、その間、新しい曲やハーモニー、サウンド作りをして更に楽しいライブにしたいと思っています♪

男性陣のファッション決まってますね!私も春色の花柄です

院長始まりの挨拶

楽しい歌&演奏は続く・・・

男性陣によるステージです

客席の皆さんも和やかで楽しそうです

全く練習出来ていなかったと、いやいやフィドルでしたが、客席は拍手!

 

毎回、反省点と改良いたい所と色々ありますが、先ずは私達が元気で少しでも長く音楽を続けて行けるように、無理しないで楽しみたいと思っています。これからも素敵な人生の扉を開けて行きたいと思っています。いづみ

決まってますか?!決まってますね(*^-^*)

エントランスのお花

アクション・ポーズではい、おしまい!!

綺麗なお花を頂きありがとうございますお花をみてライブを振り返っています。そして医院にお飾りさせて頂いています。

コメントをどうぞ