December

13

2018

彦根の七曲がりにて

早くも12月に入り、相変わらず慌ただしい毎日を送っています。そんな中、先日友人にお誘い頂いて、彦根市内の我が家から10分も掛からない隠れ家のようなお店「佐々」にランチに行って来ました。慌ただしい日常から離れてどこか遠くへ来たようなとても落ち着いた素敵な空間にほっとしました。

七曲がりという仏壇店がずらっと並ぶ曲がりくねった仏壇通りをぐーっと奥まで行くと「佐々」にたどり着きます。すぐ近くに居ても七曲がりを奥まで入った事はなかったので、少しドキドキ。

お食事の前に、小さな合わせまんじゅうがとても嬉しいです。古美術をされている店主、ご主人様のセンスで素敵な古美術が沢山お飾りしてあります。

 美味しいお抹茶。そして美しい器。

 そして、ランチは素朴な色合いですが、材料があれこれ凝っています。汁物には何と栗がすり下ろしてありました。一品一品がとても美味しく、珍しい水菜と大根のご飯が又、とっても美味しい!

友人2人で、素敵なランチをゆっくりと・・・お料理、手作りのパッチワークなど、楽しいお話を弾ませながら、味わいながら頂きました。

〆には、手作りケーキとコーヒーを美味しく頂いてお腹いっぱい、大満足です。

店内のあちこちにお飾りされた古美術が又、何とも素敵でした。

七曲がり・・・中山道の高宮宿から彦根城へ向かう道を彦根道と言って、びわ湖に流れる芹川の近くで幾度も道が屈曲し、ここを七曲りと呼ばれています。

この地は、彦根の伝統産業の仏壇を作る店が軒を並べ、仏壇街としての起こりは、江戸期に武器武具作りを生業としていた職人が仏壇仏具製造に転向して、この地で暮らしたのが始まりです。

七曲がりの名前の由来は、道を七回曲がらないと目的地に到着しないことから名付けられたようです中山道から彦根城下に通じる道として、お城へ容易に到着できないように、当時道路を警備面から整備したようです。何とも風情を感じます。

お部屋から広いお庭が見えます。

素敵な空間に癒やされほっとしました。

食後に友人Yさんのお宅にお邪魔して、彼女のキルト作品を見せて頂きました。これは、とても大きな作品で色合いが優しいです。

沢山の作品を作ってられ、これらはほんの一部ですが、まだまだ一杯の作品がリビングに溢れていました。Yさんの作品は色合いが自然で素朴で優しい色合いです。

キルトの雑誌にもYさんの作品が掲載されています。左下のバック、優しい素敵な色合いですね。

コメントをどうぞ

September

19

2018

My Birthday

日中暑くても、鈴虫の音がきこえる季節になってきました。今日は、沢山のバースデーメッセージをありがとうございます。年齢を重ねてもまだまだ、半人前の私ですが、これからもどうぞよろしくお願いします。

自分の人生を振り返ると、今いるびわ湖畔の彦根は、生まれながらにしての運命を感じます。父の実家京都に産まれ→滋賀に住み(父が湖西、びわ湖畔の診療所に派遣され)→再び京都に住み→兵庫(父が尼崎の診療所に派遣され)、開業と共に長年住み→京都からのご縁で再び→滋賀(彦根)に住むことになって、早くも35年以上経ちます。学生の頃から青く静かなびわ湖に憧れ、当時作った曲が2ndCDに収まっている「Blue Blue Moon」。CD制作ではプロデューサーの奥沢明雄さんを始め、東京でご活躍のミュージシャン方々が力を注いで神秘的な曲に仕上げて下さいました。今思うと、やっぱり私は生まれた時から青いびわ湖にご縁があったように思います。

音楽活動を思うと、私の1つの願いがあって、2012年拠点を彦根にしてから大阪、神

戸、そして東京のミュージシャンの皆さまとはしばらくお会い出来ていなくて、失礼ばかりで申し訳ありませんm(_ _)m。プライベートが忙しい事もありますが、又少しづつ足を運びたいと思っています。滋賀には自然がいっぱいで、素敵な人達と沢山出会い、この地で好きな音楽が出来る事にも感謝しています。まだ、びわ湖の魅力をご存じない方には是非訪れて頂きたいと思います。今日は沢山のバースデーメッセージありがとうございました。

近くのたねやに娘と一緒に行きましたが、サプライズなケーキに感激しました。ろうそく1本

 Blue Blue Moon 参加ミュージシャン
たむらいづみ – Vocal
奥沢明雄 – Acoustic Guitar, Mandolin , Synthesizer, Chorus
岸本一遥 –Fiddle
渡辺茂 – Acoustic Bass,
高橋結子 – Percussion
   

コメントをどうぞ

August

24

2018

虹のかなた

昨夜、台風20号の接近に伴って、滋賀県内では23日昼ごろから雨が降ったりやんだりの天気で、まれにみる強風を心配しました。滋賀で風速31メートルの観測には驚きます。台風通過前の夕方、雨が降ったりやんだりの中、車で走っているときれいなアーチの虹に出合いました。Over the rainbow♪のメロディーが頭をよぎります。虹が見えると、幸せオーラ全開になりますね。

車の中からのショットです

★今年の高校野球は100回記念という事や、地元彦根から近江高が出場していた事もあって、TVでみていても力が入りました。残年ながら準々決勝で金足農に負けましたが、金足農(秋田)-大阪桐蔭(大阪)の決勝大会は見応えのある感動的な試合でしたね。金足農の吉田投手のプレイに国民が虜になったようです。

大阪桐蔭(北大阪)が史上初となる2度目の春夏連覇を果たし、金足農が秋田県勢としては大正4(1915)年の第1回大会以来103年ぶりの準優勝となった21日の第100回全国高校野球選手権大会の決勝終了後、感動の大会を象徴するように甲子園球場の空に虹がかかった様子がネットにあがっていました。

ネットからのお写真を失礼ながらアップさせて頂きますm(_ _)m

虹はどうしてこうも感動的で、夢や希望をみたりできるのでしょう。いつか私が今よりもっと年老いて体も自由がきかなくなる日がきたとして、その時もやっぱり虹を追いかけて行きたいです。

 

コメントをどうぞ

August

02

2018

今年の夏は猛暑続き

8月に入りましたが、先月に続き猛暑続きの毎日です。この暑さはいったいどうなっているのでしょう。体に良くないと分かっていても、冷たい飲みものや食べ物はやめられません。

先日,台風12号の影響でJR新快速運転中止の日曜、近江八幡スマイルのどらわこファイナルに参加しました。こじんまりと参加の予定が、本番はスイートグラス&フォークグラスの大人数でとても楽しいステージとなりました。そして、ラストには「君に会いに行こう」の大合唱で盛り上がり楽しい1日に感謝致します。

Wオートハープでご活躍のどらわこさん、又広島での再開を楽しみにしています

8/1は恒例の彦根花火大会で、私は小さい孫と家のベランダから遠くに見える花火を楽しみました。近くへはいけませんでしたが、友人がお写真を撮っていたのをアップさせて頂きました。ぽーん、ぽーんの音が何とも夏を感じます。

コメントをどうぞ

July

13

2018

夏の雲 / ミステリー小説

毎日本当に暑いですね。各地で最高気温35°を超えたりと、いったいこの暑さはどうなっているのでしょうか。

明日から3連休ですが、これだけ暑いと中々外へ出かける勇気がありません。びわ湖はすっかり夏の雲。涼しく思えますね。院長の写真から2枚アップさせて頂きます。

前方に多景島が見えます(竹島とも言ったりします)

                湖西の山々です。

ついでに、以前にもアップしたと思いますが、大津市伊香立の里山に暮 らすアメリカ人画家 ブライアン・ウィリアムズさんの絵がとても好きです。日本の風景、そしてびわ湖の絵を沢山描かれており、びわ湖に浮かぶ竹生島や比良山系が美しく我が家のリビングにもブライアン さんの絵を2点飾っています。

ブライアン・ウイリアムズ http://brianwilliamsart.com/

ブライアンさんの絵は夕方の日が沈む時刻のびわ湖の絵が多いように思います。美しい比良山系。

スピリチュアルなパワーを放つ竹生島。このひょうたんのような形がなんとも好きです。

何冊もの絵画本を出版されていますが、京都高島屋で開催されたブライアンさんの個展で得た本で、とても美しく素敵です。

 

★お話が変わり、私は最近時間が有るとよく本を読みます。が、読まないであろうジャンルの1つにミステリー小説。それが、今回初めてミステリー小説にはまりました。そのきっかけは、娘が愛読している東野圭吾のミステリー小説がたまたまリビングに置いてあり、圭吾の作品の映画「祈りの幕が降りる時」を観た事で、興味を持ちました。

作品の特徴は登場人物が次々出てくる、ストーリーが幾つも飛び、主役が何人も、そして人間関係が複雑で、読み始めは???でしたが、徐々に引き込まれて行きました。ミステリー小説、ドキドキします。

★祈りの幕が降りる時   http://inorinomaku-movie.jp/about/

映画の中で彦根、長浜・・・が出てくるので興味を持ちましたが、「砂の器」のような何とも悲しい涙で胸がいっぱいになる映画でした。

コメントをどうぞ

July

11

2018

梅雨明け

ご無沙汰しております。しばらくの間プライベートが超忙しく、日記をアップ出来ませんでしたm(_ _)m 元気にしておりますが、とにかく時間がなく、やっと少し時間が出来てきましたのでパソコンに向かっています。

急な暑さでまいってますが、いったいどうなっているのか日本の気象状況。

先日の西日本暴雨、まさか平成最悪の被害になるなんて夢にも思いませんでした。私は先日7/5の日に用事で草津にいったものの、帰りのJRは全てストップ!泣く泣く草津駅でタクシーを並び、彦根まで帰って来ました。家を出るときは普通の雨降りでしたが、まさか、こんな事になるとは思いもしませんでした・・・。

それで大雨の中、名神高速道路を突っ走るタクシー、スリップ事故でも起こさないかと・・・そして割増料金が跳ね上がりヒヤヒヤしながらやっとのおもいで帰宅。そして、それから各地での暴雨~大きな被害に広がって行った事は誰もが全く予想出来ないことでした。

梅雨が明け、暴雨の後は連日の暑さで熱中症が心配されます。くれぐれもこまめな水分補給でこれからの夏本番を乗り切りたいです。どうぞ、皆さまご自愛なさって下さいませ。

文面とは全く関係のない写真ですが、先日少し出かけた時に、買ってきたフルーツケーキ。あっという間に頂いてしまいましたが、彩りがあまりにも綺麗なので写真にとしました。

コメントをどうぞ

June

08

2018

皇太子ご夫妻23年ぶりに滋賀へ

先月5月25日の事です。皇太子ご夫妻23年ぶりに滋賀へお越しになり市民から熱烈な歓迎を受けられました。私はこの日は残年ながら彦根に居る事が出来ず、院長のショットです。

皇太子様は威厳あるオーラを放たれ、雅子様はとってもお綺麗で可愛い方のようです。

彦根城博物館をご覧になられて。

白バイの先導で・・・。

彦根城お堀の側を走られました。又、彦根にお越し頂きたいです。

http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20180526/CK2018052602000007.html

コメントをどうぞ

May

11

2018

初夏のバラ

この初夏初めてのバラが、玄関先につつましく咲いています。バラには曲作りのインスピレーションを今までに幾つももらってきました。何本か枯れましたが、その時はいつも私の人生の節目でもあって、まるで役目を果たしたかのように、沢山の花を咲かせた後に枯れたのは不思議…。バラの花は今年も元気に咲きとても嬉しいです。

お花は何でも大好きです。以前玄関先に咲いていた黄色いバラが枯れてしまい、それがとても寂しく、何とかならないかと長い間思い続けました。そんな事があって、黄色いバラには寂しい思いが残ってしまいました。

愛でるバラや花が枯れるととても悲しく、今はピンクのバラに元気をもらって感謝の気持ちでいっぱいです。

 

コメントをどうぞ

May

05

2018

5月5日子供の日

早くも5月に入りました。桜が散ったあとは、綺麗な花々や芽吹く新緑が美しく、気持ちが清々しくなります。3月中旬に娘と孫がアメリカから一時帰国で、家の中は毎日超慌ただしいです。そしてこの連休、遠出したのは家族と共に大津へ一泊で行き、ゆっくり食事出来た事が唯一。他は、花を植えたり草抜きをしたり、そして近くの荒神山神社へお参りに行ったり、長浜で食事したり・・・そんな感じの連休でした。

荒神山神社はかまどの神様で、本当なら毎年1月にお参りに行くのですが、今年はやむなく今頃になってしまいました。高台からびわ湖を眺めるととても雄大な景色が広がります。でもこの日はびわ湖に浮かぶ竹生島はぼんやりしてて少し残念でしたが、それでも気持ちがスキッとしました。  荒神山神社 http://kojinyama.org/

↓2年前の5月5日の写真がfacebookに登場していたので、シェアーしました。ゲゲゲの鬼太郎トリックアート展にて。

今日は子供の日。家の中はおもちゃランドの目が回る毎日です。娘と私はゲゲゲの鬼太郎ファンです。また鬼太郎さんに会いたいなぁ。鬼太郎さんと一緒の写真が嬉しいので、2年前5月5日の写真を再度アップさせて頂きます。

コメントをどうぞ