December

07

2021

ムーンシャイナー12月号「Izumi, Sweet Grass製作から20年」掲載文です

ブルーグラス情報の専門誌「ムーンシャイナー」

今月12月号に「Izumi, Sweet Grass製作から20年」の投稿文が掲載されました。今は亡き偉大な3人のミュージシャン坂庭省悟さん、宮崎勝之さん、五十川清さんを偲びレコーディングにまつわる懐かしいお話を綴っています。

京都フォリオ・スタジオのお写真は、以前アップさせて頂きましたが、宮崎勝之さんが撮って下さった2001年10月Monkey Finger Studio Nashville TNのミュージシャン写真をアップさせて頂きたいと思います。投稿文をお読み頂いた皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。(購読はB.O.Mサービスさんまで)

★ナッシュビル・スタジオ
・Richard Bailey Banjo / Rob Ickes Dobro /Cassy Driessen Fiddle /Kathy Chiavola Harmony Vocal
・Recorded & Mixed at : Monkey Finger Studio Nashville TN /Engineered by : Brent Truitt /Mixed by: Brent Truitt , 宮崎勝之
★京都スタジオ
・きたむら いづみ Vocal, Banjo/ 宮崎勝之  Mandolin/ 五十川清 Drums, Percussion,Steel Guitar/ 坂庭省悟 Guitar/川辺ぺっぺい Bass/ 吉田悟士 Banjo
・All songs written by: 北村伊住
・Produced by : 宮崎勝之、 五十川清、 北村伊住
・Recorded at : folio-music.com

263309591_267971255379816_8974919495421655592_n

ブルーグラス専門誌「ムーンシャイナー12月号」に掲載して頂いた私の投稿文です

DSC01836 宮崎とブレント

ナッシュビルのスタジオにてブレント トゥルーイット&宮崎勝之さんMix downnoの最中

DSC01805

ナッシュビルのトップ・ドブロプレイナー ロブ アイクス、イケメンですね。アロハシャツ柄は漢字のようです。Japanを意識して下さったのかもしれません

DSC01800

ナッシュビル・スタジオから流れ聴こえた「Ohioからの手紙」は生涯忘れられないドブロの音です

DSC01801

録音真っ最中のロブ&オペレーターのブレントDSC01802

ガラス越しのロブDSC01797

録音終えて雑談でしょうか?ブレント&ロブ

DSC01811

リチャード ベイリー(クラスター プラッカーズ)心込めてバンジョーを弾いて下さったのがCDからよく伝わってきます。

DSC01806

素晴らしいプレイ、ありがとうございました

DSC01809

今年、奥様(クラスター プラッカーズのボーカル)を亡くされ、ご冥福を申し上げます。

DSC01816

ケイシー ドリーセン、まだ初々しさが残っていますが、今は飛んだフィドラーとして大活躍されています。

DSC01812

BOM・ムーンシャイナー誌の元編集長さぶさんは、ケーシーのフィドルに大喜びされてましたDSC01814

素晴らしい音色に感謝の気持ちでいっぱいです

DSC01819

キャシー キアボラさん。初来日された時に京都でお会いしましたが、とても可愛らしく優しいオーラを放ってられました。ハーモニーに参加して頂いて光栄に思います

DSC01821

録音真っ最中のキアボラ

DSC01822

DSC01825

オペレーターとして連日お世話になって感謝の気持ちでいっぱいです。

DSC01826

DSC01796

あっ、この方がスタジオに遊びに来られたよです(*^-^*)

DSC01831

「Izumi, Sweet Grass」のCD裏ジャケット。ブレント トゥルーイットの自宅兼スタジオ

京都スタジオ2001

2001年6月~7月 京都フォリオ・スタジオにて

262370160_4680464498700130_8100375458974342461_n          ムーンシャイナー誌12月表紙を飾ったレオナちゃん

 

コメントをどうぞ

November

26

2021

ハウスイゲにて楽しく盛況なライブ

先日の21日、今年も長浜ハウスイゲにお招き頂いて、きたむらいづみ&スイートグラスのライブを楽しく盛況に終える事が出来ました。
ここは、びわ湖畔に佇む白いカントリーハウス、不定期にプロアマのライブが開催されています。とてもアットホームなお店で、ステキなオーナー&スタッフの皆さま方に温かく包まれるそんなお店です。
米原の津田さんからのご縁で毎年単独ライブをさせて頂き、この日も津田さんの写真を持参してご一緒にライブを楽しませて頂きました。今年も沢山の皆さまにお越し頂き、楽しい2ステージはあっという間。休憩には美味しいお餅入りのおぜんざいがふるまわれ、心身共にほっこりです。
お越し頂きました皆さま&イゲママ&スタッフの皆さま、今年も楽しいライブの一時をありがとうございました。メンバー一同感謝の気持ちでいっぱいです。また、来年お会い出来ることを願っています。イヅミイゲ
1年ぶりのハウスイゲライブ。もう今年でいったい何年目になるでしょう。その間、メンバーが増えたり減ったり、チェンジしたりと色々ですが、それでも長年継続する事でこうやって毎回皆さんにお世話になりただ感謝の気持ちでいっぱいです。
2
イゲママ&スタッフの女性、音響でお世話になった方々とご一緒に
15 (2)
白いカントリー風なハウスイゲ
3
13
10
お久しぶりにお会いする方々、本当に嬉しかったです。ありがとうございました。20 (2)
リースから作った胸のコサージュ
11
沢山の皆さまにお越し頂いてとても楽しく盛上がりました。13 (2)
休憩には美味しいおぜんざいを頂き心身共にほっこりです
12
音響は半分私達自前のものですが、オペレーターさんがとてもいい音を出して下さって感謝感激です
14
楽しい2ステージはあっというまです。
6いづみ
楽しかったライブに感謝致します。皆さんにお会い出来き本当に良かったです。ありがとうございました。
20
綺麗なお花やブリザードをありがとうございました。
1

コメントをどうぞ

November

16

2021

5th street live続きです

カテゴリー: Diary, 音楽
先日5th street ライブの続きです。久しぶりにロックサウンドに乗って歌わせて頂きましたが、やはりFiddle Club Bandは凄腕の素晴らしいバンドです。私が歌わせて頂いたのはAll of me/ Blue Kentucky girl/花の様に愛している/ Any old time/ Summer time/ Save the last dance for me/ Are you lonesome tonight/ 心のテネシー/アンコールTennessee Waltz(ルリさんとご一緒に) 。
フィドル俱楽部バンドのリーダー大矢貞男さんはどんな風に音を組み合わせられるのか?特にオリジナルの「心のテネシー」と「花の様に愛している」は何度も音をイメージしての個人練習でしたが、当日は見事な美しいサウンドをお聴かせ下さいました。シンプルで美しく正確なベーシック音は凄腕プロの技。
そこに凄腕のピアノと大矢さんのフィドルが美しい音色で絡みうっとりです。聴き惚れて間奏後歌う事を忘れないように、と歌に集中するのに大変でした。当日リハ→本番の完璧なロックは本当にドキドキでしたが、楽しいライブに感謝しています。皆さま、ありがとうございました。
★それとバンジョー・マイクとても可愛い~!オペレーターさんが、ナッシュビルの感じが出ます。とセットして下さいました。始めてこのマイクを見ましたが、とても可愛いので感激しました。253783113_405677434544492_3778194990205396295_n (3)
6

コメントをどうぞ

November

09

2021

Fiddle Club Band 大上留利子&きたむらいづみ.楽しく盛況なライブとなりました。

カテゴリー: Diary, 音楽

先日11/6に5th street@南堀江で開催された“大矢貞男率いるフィドル俱楽部バンド(大矢貞男、泉尚也、飯田一樹、小林健治)&大上留利子、きたむらいづみ、ジャンルの違う二人のシンガーと凄腕ミュージシャンとの企画ライブ“

この日は、凄腕の素晴らしいロックサウンドに乗って、とても楽しいライブをさせて頂きました。ルリさんとはお久しぶりにいっはいお話出来て、コラボライブをさせて頂きとても光栄に思っています。マスク生活の中、沢山のお客様にお越し頂き、皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。Fiddle Club Band の皆さま、大上留利子さん楽しいライブをありがとうございました。しばらく余韻に浸っています。

ri1

大上留利子さん&きたむらいづみ

r1

昔とはまた違ったパワーで歌われるルリさんの歌声はとてもステキでした。

FCB

大矢貞男さん率いるFiddle Club Bandは、凄腕のシンプルで美しいとても心地よいプロサウンド。素晴らしいです。

いづみ1

当日リハ→本番でとてもドキドキしましたが、素晴らしいライブをさせて頂きとても楽しかったです。

r4r5FCB2

素晴らしいフィドルの音色に歌う事を忘れて聴き入ってしまいます

いづみ2いづみ3いづみ4 いづみ5ri2

アンコールはルリさんとご一緒に「テネシー ワルツ」を歌わせて頂きました。

ri3ri4ri5

楽しかったライブに感謝致します。ありがとうございましたm(_ _)m(^_^)/

集合

ブルーグラスの女子友他とご一緒のショットです。

243859641_188132646731202_3329938467995383393_n

コメントをどうぞ

October

28

2021

豊郷音楽祭@豊郷小学校旧講堂

24日、ヴォーリス建築で有名な豊郷小学校で開催された豊郷音楽祭に出演しました。
お仲間達とお久しぶりの再会は嬉しく、名物の「ウサギとカメ」を見る事が出来て良かったです。
248410546_687153092258167_204887635134337826_n
豊郷小学校の名物 「ウサギとカメ」
248295199_576335096976833_5971255559835087720_n
風情溢れる旧講堂でのステージは荘厳な感じがします
249211233_4668958506502701_8151718704925169531_n
私達の出番がトリで続いてお仲間バンドとシングアウトです。あの素晴らしい愛をもう一度、君に愛に行こう(豊郷に会いに行こう、と替え歌)
248912173_247810400654094_8482668535042236719_n
ウサギとカメの競争。よーいドン!249097954_1452762775094635_7108682742817503932_n
ステージ前で出演バンドの集合です。
248401784_244101561072981_8974908823531484170_n
ウサギとカメはカメの勝利~
248357808_395754135419668_6204474877667163875_n
校舎前での記念写真
248427155_923501405266046_7148888698552534234_n
音楽祭のパンフレット
248347369_2670841049887783_6737290391996317037_n
アニメ「けいおん」の舞台になっている事からここが聖地となり、それに関する物が沢山陳列されていました。
248968974_432892588218647_4614678185777858977_n
沢山のフィギアーで溢れています。次々と人がここを訪れています。249236944_667258247596024_4461122955012361475_n
レトロな建物の中は、お土産物、「けいおんの」展示、休憩室です248352352_404347324637180_2538986192744978561_n
豊郷小学校で音楽祭開催はステキです。訪れる事が出来て良かったです。

コメントをどうぞ

October

22

2021

花の様に愛している

カテゴリー: Diary
★コスモスを見ると花の精に誘われた「花の様に愛している」導かれた秋の日を思い出します。(1stCD・Izumi, Sweet Grass)を思い出します。6年前の歌詞製作秘話より。↓
2015年10月22日の日記より
秋の花と言えばコスモス。バラの様な華やかさはないものの何とも優しく可憐に咲くコスモスに魅せられますよね。はかなげに風に揺れるコスモスを見ている中で私はある曲を作りました。1stCDにある「花の様に愛している」。実はこの曲はある秋の日、まるで花の精に誘われて、コスモスの世界に入り込んだような一瞬の不思議な感覚の中で思い描いたお話です。
それは、今でもはっきり覚えていますが、風にゆらゆら揺れるコスモスを見ている内に、私は私を離れ、まるでコスモスになったような、そんな感覚の中で風に揺られていました。とっても風が心地よく、まるで瞑想に入ったようでしたが、一瞬の事で、我に返ると、私はコスモスを見ながらぼんやりその場に立っていたんですね・・・。あれっ!今のは何?!って、夢から覚めたような気持ちでしたが、もしかしたら花の精に導かれたのかも?!それは今でも良く判りませんが、風に揺れるコスモスを見る度、あの一瞬の不思議な体験が蘇ります。お持ちの方は宜しかったらお聴き下さい。写真・今年はまだ行けてない数年前の彦根コスモス畑 Y.Kitamura。
★10月24,25(土日)リレーフォーライフ、近江八幡の宮ヶ浜、18時40分~出演します
「花の様に愛している」(1stCD「Izimi. SweetGrass」)
 1. 静かな朝 レコード聞いて 愛の歌に 思わず泣けていた
今、確かに私の中に 愛がある事に 気付いた
*今の私は風に揺れる花と同じ
あー、ただ素直な気持ちで
あなたを花の様に愛している
2. 静かな午後 バンジョーを弾いて 心はテネシーへ 旅をしてた
もし、あなたと一緒に行けたら・・そんな夢の歌を歌う
3. 静かな夜 星を見ながら 大切な人の事を 想う
果てしない空 闇をかけぬけ あなたのもとへ 届くように・・・
(1999年10月作)
259626320_1067111957372987_7308165641853272545_n

コメントをどうぞ

October

05

2021

フィドル倶楽部バンド ゲスト・大上留利子&きたむらいづみ

カテゴリー: Diary

今回は大阪を拠点に活躍されているプロのバンド、大矢貞男(フィドル)率いるフィドル倶楽部バンドの素晴らしいバンド演奏にゲストでお招き頂きました。

ゲストボーカルはご存じブルース&ソウルの女王・大上留利子さんとブルーグラス系のきたむらいづみの2人が歌います。異ジャンルのボーカルと素晴らしい演奏といったいどんなに素晴らしいライブになるでしょう!想像するだけでもわくわくです。

11/6(土)、Fiddle Club Band ゲストボーカル、大上留利子、きたむらいづみ、18時スタート、5th Street@大阪南堀江 ℡ 06-6538-1533

大上留利子さんには昔、ボーカルでお世話になりました。彼女のヒット曲「大阪で生まれた女」のレコーディングにバックコーラスで参加させて頂きました。

前売りご予約がお得です。ご予約は完売となりました。キャンセル待ちとなりますので、よろしくお願いしますm(_ _)m

243859641_188132646731202_3329938467995383393_n

 

コメントをどうぞ

September

20

2021

My Birthdayありがとうございました

昨日はMy birthdayでした。facebookやメッセンジャーに沢山のB.Dメッセージを頂き感謝感激です。ありがとうございました。
この年になって自分のお誕生日を祝う気持ちより同じ月の孫の誕生日に気持ちが行ってましたが「ばあば、おめでとう~!」の可愛く元気な声にとても感激した私です。誕生日ってやっぱりいくつになっても嬉しい気持ちでいたいと痛感しています。
コロナ禍で大変な時期ですが、互いに乗り越え元気に頑張りたいと思います。ありがとうございます
242214388_596410698021887_1831697724692826827_n

コメントをどうぞ

September

17

2021

Izumi, Sweet Grass Rec.スタジオの思いを辿って

先日の続きです・・・2001年6月「Izumi,Sweet Grass」Rec, 節目として20年前のRec写真をアップしたいです。

レコーディングは5年間温めイメージを作ってきたものがやっと形になる!その事がとても嬉しく、私にとって緊張と共に喜びしかありませんでした。勿論、五十川さん&宮崎さんがプロデューサーとして十分な準備をして下さったからほかなりません。ミュージシャンの選出は、宮崎さんと五十川さんが安心してRec.作業をスムーズに進められ、カバーでないオリジナル曲のイメージに沿って、オリジナルなメロディーを作って下さるセンスあるミュージシャン方々でした。これはテクニックが豊富でもそう誰にでも出来るプレイではないですから・・・プロデューサーに感謝しています。

Recスタジオは防音室。それが苦手な人もいるようですが、私は相性よく眠気が度々襲ってきました。五十川さん曰わく「眠気はリラックスしてる証拠、気はりつめてたら良い録音出来ないからね」と。それに「ボーカルは疲れたらいけない」と、五十川さんのお弟子さん(ドラムスの藤井さん、お写真なくて残念)をサポートに付けて下さった気遣いも感謝しきれない思いでいます。ボーカルRec.についてもいっぱいありますが、またあとから少し付け足せればと思います。

京都Recを取り終えた後のオーバーダビングは、宮崎さんの提案で思いもよらぬ10月のナッシュビル スタジオ。それが9.11ニューヨーク テロで想像もしない大きな予定変更となってしまいました() それでもMix downまで無事に作業を終え・・・結果オーライ!宮崎千秋ちゃんにもフライドのではお世話になってありがとうございました。宮崎さんが撮って下さったナッシュビル写真もまた後ほどアップしたいです。それと坂庭さん方々の心に沁みる良いお話も近いうちに・・・。

(スタジオ写真は、主人が2回足を運び撮ってくれたものです。私は写真を撮る余裕なかったので、今となっては本当に有り難い)32rec

Rec.の時、ベーシック音から順に楽器録音してゆきますが、その時にガイドと言って私がオペレーター室から軽く歌って各スタジオに届けたのですが、その時の軽やかなささやきのような歌声「それが、良い!それ!」って五十川さんが目をリンリンと輝かせ私に向けたのです。私は???でしたが、結局楽器を全て取り終えたボーカルRecの時もほぼ、これに近いヴォーカルで歌う事になったのです。この写真のようにね。その事は、又次の投稿で・・・。

6rec (2)

省悟さんは、Rec.の度にギターの弦を全部まっさらに張り替えてられました。もったいない・・・って思いましたが、それが省悟さんのポリシーでありRec.にのぞむ儀式でしょうか。私にとっては何とも言えない尊い儀式のように思えました。

7rec

五十川さんは、ドラムス、パーカッション、その他色々な音色でサウンドの色づけをして下さいました。そして、私のリードボーカル&ハーモニーを担当して下さいました。

8.rec

宮崎さんも省悟さんと同じくRec.の度にマンドリン8本の弦を全部まっさらに張り替えてられました。もったいないのと面倒・・・って思いましたが、省悟さんと同じくのポリシーでありRec.にのぞむ儀式でしょうね。綺麗に弦を留めるやり方教えて頂きましたが、私はいつも雑にしか出来ません。でも確かグリスマン(だったと思いますが、)弦はるの丁寧でないよー、って笑ってられました。

9rec

バンジョーの吉田さとしさん。八日市のくらま楽器店主として活躍されてます

10

ベースの川辺ぺっぺいさん。京都を拠点にミュージシャンとして活躍されてます。そして彦根の十字屋音楽教室では長年ベースの指導をなさってられます。

11.rec12.re13rec

省悟さんは他の人のRec.に少しで参加した事あったけど、全曲で参加したのは始めて。って嬉しい事をおっしゃってました。

5.rec

16.rec

17.recc

18.rec

19.rec

20rec

スタジオには中庭があって、そこには木々や花が植わったとても心地良い憩いの場でした。休憩時はここへ来て気持ちがとても安らいだのです。壁側に座っていますが、ちょっとした緑の楽園でした。テーブル中央の大きな鉢は、何と灰皿です。

21.rec

22rec

26

CD曲のなかで一番気に入って下さったのは「夢路」だそうです。私も多分そうだろう。と思っていました(*^-^*)

24rec

25.rec

27rec2829

五十川さんは有能なプロデューサーで沢山のRec.を手がけてられました。マルチなミュージシャンでもあって、私のアメリカーナな音楽意識を良く理解して下さり、面白い面白いと言って下さった事が大きな救いとなりました。

それに、側にいるとお坊さんと一緒にいるようなそんな気持ちになる不思議な方です。又、とてもおしゃれな方で、Rec.の時もステージでもおしゃれで五十川さんのファッションが楽しみでした。

30.rec31.rec

オペレーター室からの五十川さん。にっこりされてますね。

33省悟さんが素晴らしいバンジョーを持ってスタジオにお越し下さいました。それを大事に抱えてのショットです。

 

コメントをどうぞ

September

14

2021

Izumi, Sweet GrassのRecから20年、坂庭省悟さん、五十川清さん、宮崎勝之さんを偲んで

カテゴリー: Diary, 音楽

ようやく涼しくなってきました。コロナでライブ予定は次々中止、延期となりましたが、我が家は相変わらず忙しくしています。いつもはその忙しさの中でライブをやっていましたが、コロナでここ半年ほど私と関わりのあった天へ召された方々の事を1人1人思い出しています。コロナがなかったら目の前の事で忙しいままの日々だったでしょう。

9.11ニューヨークテロから20年・・・ニュースでは悲惨さを振り返っています。そんな中、この1週間ほど毎日眠くて眠くてたまらない。気がつけば私の魂は、20年前に製作した1stCD「Izumi,Sweet Grass」の京都Recスタジオへと飛んで行ったのです。それで、日々の忙しさから長い間閉じたままだったCD製作時のスタジオ写真を開いてみると、うつらうつらと20年前へタイムスリップ。ミュージシャン方々と共にCD製作した濃厚で貴重なRecordingの日々をリアルに思い出しました。(写真は京都カラフネ屋コーヒーのフォリオスタジオにて)

Recに参加して下さった今は亡き坂庭省悟さん、五十川清さん、宮崎勝之さんを偲びただ、残念無念。素晴らしい音楽センスはずーっと忘れません。他のスタジオ写真はまた後ほどに・・・。

1.rec京都2001

写真は2001年6月京都カラフネ屋コーヒーのフォリオスタジオにて、本当に楽しかったRec,もう一度あの日に戻りたい。

2rec2001

恥ずかしかったツーショット。省悟さんはRecの時、いつも金のネックレスしてられました。お守り?ファンからのプレゼント?気になってました(*^-^*)

3.rec五十川さ~ん、空からいつも助言ありがとうございます。大切な知識&言葉を私に沢山残して下さって、いつも安心してライブやってます。これからもずーっと見守って下さいね~。

4.rec

宮崎さん、京都&ナッシュビルでのRec.本当に大変な準備&作業有り難うございました。宮崎さんが天にゆく1年前に10回目院内ライブにお越し下さいましたが、お持ちのCD全部売れちゃいましたね?打ち上げも長々と盛上がり「こんなアットホームなライブが一番好き」とおっしゃったのが嬉しかった!院内ライブ継続の支えの言葉にもなってます。

 

 

コメントをどうぞ